GoodBrain

朝日を浴びよう

2019.04.18

朝日を浴びて一日すっきり始めましょう。
「睡眠」カテゴリーでもご紹介した「よりよい睡眠」のために必要なホルモンのメラトニン。
眠る前の光が分泌を減少させる影響があるため、光を遮ることが必要とお伝えしました。
逆に朝は積極的に太陽の光を浴びましょう。
朝日を浴びてからおおよそ15時間後にメラトニンの分泌がされます。
朝日を浴びることで体内時計がリセットされ浴びた約15時間後に分泌が増加しますが、リセットがされないと少しずつ体内時計がずれていき、適切な時間にあまりメラトニンが分泌がされなくなってしまいます。
体内時計ずれていくと体が自然と眠くなるタイミングがずれて夜更かししがちになり睡眠不足に繋ががったり、日中に眠くなってしまったりします。体内時計がずれる理由は地球の一日の周期は24時間に対し、人間の体内時計は25時間周期で動いているからです。
朝日を浴びると体内時計がリセットされることと、脳内でのセロトニンの合成が活発になります。
睡眠に欠かせないメラトニンはセロトニンからつくられるので、昼はセロトニン、夜はメラトニンのが生成が理想的に促されるためにとても大切です。
晴れた眩しい太陽の光でなくても大丈夫です。曇りの日の光でも体内時計をリセットするには十分です。またセロトニンは幸せホルモンともいわれ気分をよくする効果もあります。
明日の朝から起きたときカーテンを開けて朝日をたっぷりと浴び日中も太陽を浴びましょう。
気分よく一日が始められ夜の睡眠の質も良くなっていきますよ。