GoodBrain

アロマオイルで気分転換

2019.04.24

好きな香りを嗅いだとき、ふっと気分が落ち着いたり、ふわっと気分が上がったり、すっきりとりしたりた経験はみなさんありますよね。
一般的に睡眠にはラベンダーの香りが緊張をほぐし心を落ち着かせたり、また入眠をしやすくする効果があると言われています。
アロマオイル(精油)は植物から抽出された成分でできています。古くから世界各地で美容や治療などに用いられてきました。日本でも「香薬」として薬の原料として用いられていました。
睡眠にはラベンダーの他にも「 カモミール、ネロリ、マージョラム」などもおすすめです。カモミールティーはノンカフェインでリラックス効果があるので夜のティータイムに適しています。香りの効果はいろいろあり、女性に人気なロマンティックで優雅な香りの「ダマスクローズやイランイラン」、集中力を高めたいときには「 ペパーミント、レモン、ローズマリー、ユーカリ」、リフレッシュして元気を出したいときに「 オレンジ、グレープフルーツ、カルダモン、レモングラス、ローズマリー」などがおすすめです。
ラベンダーの香りが睡眠にいいといわれているけれどどうも苦手、という方もいらっしゃいますよね。 いろいろ香りはあるけれど個人的にスイートオレンジが好き、この香りを嗅ぐと気分がよくなるなど、香りの好みは人それぞれです。そのため一般的に期待される効果でアロマオイルを選ぶこともひとつの方法としてありますが、ご自身の好きな香りを選び気分転換をするのがおすすめです。
香りの簡単な楽しみ方は、ティッシュへ数的アロマオイルをたらして枕元においたり、マグカップへお湯を注ぎそこへ数的たらして湯気の香りで深呼吸をしたり、湯船に数的たらしてのんびりとお湯につかってみたりと日常の中で取り入れてみてくださいね。
出先での気分転換や香りを楽しむ方法として、手のひらサイズでスティック状のロールオンタイプのものもあります。
ご自身の好きな香りでリラックスや気分転換を楽しんでみてくださいね。