GoodBrain

いつでもどこでも簡単呼吸法

2019.04.18

何かに一生懸命取り組んでいたり、緊張しているとき、息が止まっていませんか。
または呼吸が浅くなってる。
呼吸を止めてしまうと、血液中の酸素も下がり酸素が脳に届かずパフォーマンスは下がります。
気が付くと息を止めていると気づいたときに、すぐに取り入れましょう「深呼吸」を。
深呼吸をすると血圧も下がりリラックス効果があると言われています。
深く吐いて、深く吸って、を繰り返すのは簡単なようで、緊張しているときなどなかなかできなかったりしますよね。
そのようなときは簡単にできる「簡単呼吸法4-7-8」がおすすめです。
ステップ1:両手をお腹に当てて思いっきり息を口から吐きます。「ハーッ」とお腹がペタンコになるまで出し切ります。
ステップ2:4回に分けて息を思いっきり鼻から吸い込みます。「ス―ッ、ス―ッ、ス―ッ、ス―ッ」。お腹はぽっこり。
ステップ3:7カウント息を止めます。(苦しかったら無理をせずステップ4を行ってくださいね)
ステップ4:8回に分けて息を口から吐き出します。「ハーッ、ハーッ、ハーッ、繰り返す」し、8回目で息を出し切る。お腹はペタンコに。
このステップ2から4を繰り返し1セットとして、先ずは3回から始めてみましょう。
お好みでセット数を増やして行くのもおすすめです。
集中力を高めたいときやこころを落ち着かせたいときに、いつでもどこでもできます。
試してみてくださいね。